夏祭りに揃えた法被で注目されました。

夏祭りに揃えた法被で注目されました。

毎年夏祭りでチームごとに踊りを披露しています。休みに集まったり仕事帰りに時間を作ってみんなで一生懸命に練習しています。いつもは衣装代を節約するために、ボトムは黒ならなんでもOKの手持ちのパンツ。トップスは白なら何でもOKというスタイルでモノトーンで決めていました。体形もいろいろな人達の集まりだし、あまり衣装は気にしない人たちが集まっているので何も思っていなかったのですが、あるチームがすっごい派手な衣装で踊っていることで衝撃を受けてしまい、自分たちのチームも衣装を着たいということで揃えることにしました。いろんな案が出たのですが、やっぱり祭りということで法被がいいという意見多数で、法被に決定しました。法被ならサイズもそんなに気にしなくていいので便利です。せっかくなのでオリジナルのものを作ろうとみんなでデザインを考えネットで注文して作りました。揃えて着ると気持ちも上がるし見栄えも全然違います。同じ踊りでもかっこよく見えます。衣装を揃えただけなのに団結力は強くなるし、テンションも上がります。しかも会場で目立つので注目度もアップで一緒に踊りたいと人も増えました。本当にいいことづくめでした。

女性や子供の法被姿について

法被と言えば祭りの定番服であり、同時に日本の伝統衣装のひとつです。男性が着用している姿も粋で、凛としてとても色気がありますが、これを女性や子供が着用すると、またまた違った意味で新鮮で、かなりキュートです。女性は髪をきゅっとお団子ヘアなどでまとめて、ねじり鉢巻きに法被を着て、弥次喜多スタイルで颯爽とお祭りに参加すれば、浴衣とは違った色香が合って、とってもチャーミングです。男装だからこそ、そのギャップで色っぽく感じてしまうのかも知れません。子供に関しては、甚平や特に浴衣などでは、着くずれの心配がありますが、法被だとさらっと羽織るだけで様になるし、粋で可愛らしいです。大き目を買っておいて、袖丈を少し縫い上げて置いておけば、2.3年は使用できるのも良いですよね。親子でお揃いも目を引いて良いのではないでしょうか。

法被でハッピーになろう

法被と言う言葉は、とてもポップで何だかこちらの気分まで上げてくれる不思議な言霊がある様な気がします。実際に着用するのはお祭りの時や、百貨店などのセール時や、スポーツイベント等で気分が盛り上がっている様な時ではないでしょうか。まんざら、言葉の響きをバカには出来ません。法被の造り方は、丈感が短いので、浴衣を作るより意外に簡単で、生地も当然半分ほどで出来ますからコスト的にも浴衣より良いです。お子さんがまだ幼稚園や小学校に通っていらっしゃるご家庭などでは、運動会や文化祭などで、クラスでお揃いの法被を作って揃えるのもとても粋で可愛いのではないでしょうか。運動会やスポーツイベントを応援する側のママさんが、揃えるというのも、これまたナイスアイディアです。団結力も高まって、勝利へ導いてくれる様な気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)